top of page

【前橋市】小川あきら市長が初登庁

小川市長の任期がはじまり、前橋市役所に初登庁しました。

初登庁には大勢の市民や小川市長の支援者らが集い、マスコミも来てものすごい熱気でした。



小川市長は、大勢の市民の前で挨拶し


(吉田の聞いた感じ)

33万の市民の命と暮らし、未来を守る責任の重さ

市民の皆さんと一緒に前橋市の課題をみんなで考えて

皆さんと一緒にまちづくりをするために進んでいく


と、大体こんな感じで少し緊張も交えつつ力強く決意し、協力を訴えました。


保守県とも言われる群馬県の県庁所在地での大きな地殻変動、全国の注目も集まっていると思います。選挙前の赤旗の報道は京都市長選と違い大したことがありませんでしたが、全国を揺るがす大激震で日本共産党の中でも一気に注目が高まりました。


党派とか組織ではなく、市民の力で押し上げた市長です。

もちろん私たちも、党員、支持者に必死に支援を呼びかけ協力していただきました。

市民の福祉向上の視点に立ち、議会でも市長の政策に注目し、チェックしていきたいと思います。


3月には臨時会で新市長の施政方針が語られます。(詳しい日程はこれから決まります)

ぜひ前橋市議会の動向にもご注目をよろしくお願いします。



閲覧数:8回0件のコメント

Commentaires


こそ
コロナ危機を乗り越えるため 暮らしを支える

bottom of page